スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロヘッドホン HP-550






兵庫県のハードオフをロードバイクでまわってきました。




そこで手に入れたのがHP-550というヘッドホン。









resizeEvernote 20120705 00:06:10










resizeEvernote 20120705 00:06:43









Victorが1976年頃に発売されたヘッドホンです。


僕より相当年上です(笑)


YMOがレコーディング時につかっていいたそうな  YMO好きなので嬉しいです。




レトロなデザイン一目惚れし


定価が6000円くらいらしいのですが ジャンクで2000円で購入。
何処も潰れていなくてむしろ美品でした。




なんで最近はこういうデザインの物を作らないんでしょうか...






レトロデザインが売りな、オーテクのATH-RE70やパナソニックのRP-HTX7


なんかは結構女の子に人気があるのに...






金属で出来たアームも高級感があって良いし丈夫なのになぁ...

コスト的に難しいんでしょうかねぇ...








んなことで 思いついたのですが、 1から自分で素材やデザインを考えてヘッドホンを作ってみようと考えています。


自分だけの世界にひとつのヘッドホンです。




実は僕は大学でプロダクトデザインを学んでいます

将来、AV機器をデザインしたいと思っているからです。








音楽機器が僕の人生を狂わしたんですね。ほんとに...





ウォーミングアップとして次からは、ATH-PRO700の改造記 第二弾が始まります。











やはり1からヘッドホンを作るとなれば全てのパーツの意味を把握しなければいけませんから...










スポンサーサイト

ATH-PRO700改造(イヤーパッド編)






ずいぶん前の事になってしまいましたが、サウンドハウスから届きました。







resizeEvernote 20120523 23:24:27




SONY 4-218-140-02




というイヤーパッドです。


サウンドハウスでひとつ250円と格安で売ってます。


SONYのMDR-V700DJというヘッドホン用のイヤーパッドなのですが、ATH-PRO700にも使えるという情報をみつけたので購入してみました。











resizeEvernote 20120619 01:32:34






250円のわりにすごくしっかりしてます。

本来ATH-PRO700用のイヤーパッドはペアで2000円なので
これなら250×2で500円で済みます。






resizeEvernote 20120619 01:48:11









さっそくPRO700に着けてみたのですが 面白いくらいにぴったりwwww











しかし










いざ装着すると耳が痛い。

側圧がきついヘッドホンなので尚更www...



どうやら専用のパッドよりも厚さが薄いようです....



そして音漏れも物凄い... 外では絶対に使えないレベルです。

薄いせいでスピーカーが耳に当たり、浮いてしまうのが原因だと思います。



けれど耳の形は人それぞれなので、僕の耳の形がこの画像で言う

対輪の部分らへんが飛び出してるようなかたちなのでそう感じるのかも




スクリーンショット(2012-06-19 2.01.34)














まぁ 250円ならしょうがないか という感じでした。

耳の形の薄さに自身がある人は買ってみてはどうでしょうか...






4つ買ったのでのこりの2つで遊んでみることにします。






ATH-PRO700改造(塗装編)




この前ヘッドバンドを交換したATH-PRO700の改造 塗装編です。







PRO700のハウジングとイヤーパッドの間のシルバーのパーツの塗装が剥げていて格好悪かったのでリペイントしようと思いました。




まずは完成色を決定するために写真の色を変えてイメージ作成しました。

フォトショの力を借りてATH-PRO700LTDの金色部分を 色調補正でイエロー部分を他の色に変更しました。











29095678_1646724867_67large.jpg











四色イメージを作ったんですが、ヘッドバンドの色が紺色なので色の合った濃い青でいく事に決定。










resizeEvernote 20120523 23:22:04







シルバーの部分だけを取り外し






resizeEvernote 20120523 23:23:07






紙みたいなシートが穴を塞いでいて、そこに塗料が付着すると音が変わりそうなので
サークルカッターでドーナツ状に紙を切ってマスキング







側面を紙ヤスリの1000番で削り、サーフェイサーを吹いて下地作り。

薄く何度も塗装します。



resizeEvernote 20120523 23:23:32









そして色を塗っていきます。

使ったのはタミヤのレーシングブルー



resizeEvernote 20120523 23:24:01














塗膜を強くするためにトップコートを吹いて十分に乾燥させ組み立てて完成!!















29095678_1650229291_180large.jpg







なかなか綺麗に塗装出来ましたー。





2000円で買ったものがこんなけ生まれ変わりました!!
革代300円、塗料はレーシングブルーだけ買い足したので400円 計700円 まぁ許容範囲内です 笑
















ATH-PRO700 カスタムシリーズ 次はイヤーパッド編につづく....!!!!





ATH-PRO700改造(ヘッドバンド張り替え編)









eイヤで中古2000円で購入しました。









resizeEvernote 20120520 01:25:02







ATH-PRO700




MK2じゃない初期のPRO700です。

昔、PRO700LTD というシルバーの部分の所が金色でマットブラックではなく、つやありのブラックの
バージョンが欲しかったのですが、あまりにも安かったので購入 笑

全体金ピカのバージョンやらホワイトやら最新の50周年記念モデルといった
いろいろなバージョンが出ている凄い機種です。

その中でも元祖 ってかんじの普通のモデルです。







ハンパなく安かった原因はこれ。 








resizeEvernote 20120520 00:45:43











ヘッドバンドがボロボロ.... イヤーパッドもです...







ってことで、題名通り ヘッドバンドの張り替え交換の改造をしました!!







ヘッドバンドを修理してみよう!

このサイトに大変お世話になりました。

かなり丁寧に説明が書かれているし、作業もとても丁寧... 感心しました。












ヘッドバンドの布の横のプラスチックのパーツのネジをとって外し


元ついていたボロボロのバンドをハサミで切って剥がします。
中のスポンジを切らないように気をつけて下さい。








resizeEvernote 20120520 00:48:12










resizeEvernote 20120520 00:48:35














はがれたら新しく革を取り付けます。





ABCクラフトで売っていたレザーの切れ端300円 安いのかな?? こんなけあれば十分。

もとの黒と同じだと面白くないので、紺色にしました。





resizeEvernote 20120520 00:48:54







そしてヘッドバンドにあった大きさに切って、縫っていきます。

縫いやすいように両面テープで固定しました。

真ん中から縫っていくとやりやすいかも。







resizeEvernote 20120520 00:49:49




革が硬いので縫いやすいように穴を開けておくと やりやすいです。

かがり縫い? ってやつだと思います。 裁縫なんて小四の家庭科のエプロン作り以来です...





そして縫い終わったらプラスチックのパーツをつけて完成!!











resizeEvernote 20120520 00:50:13













縫い目はこんな感じ








resizeEvernote 20120520 01:50:46







我ながら上出来!!


上から見たらまるで新品のようです
元の素材よりかなり頑丈なのであと10年はもちそうですね。




よくボロボロのヘッドバンドのヘッドホンを目にしますが、意外と簡単に交換出来るので
是非試してみて下さいー!!








余った革でペンケース作って遊びますー

ATH-ES7のコード着脱化改造




resizeIMG_8208.jpg










結構気に入っているES7なんですが、今までBeats proや、DJ1のコードが片出しのものばかりを

使っていて、両出しのES7を使っているといつもの感じで行動しているとドアノブにコードをひっかけたりして

断線の危険性があるし、リケーブルがしてみたかったのでES7をコード着脱式にする事にしました。






片出しのヘッドホンは着脱式にしやすいのでおすすめです。

過去記事
  ↓
DJ1をコード着脱式に改造

Pioneer SE-MJ551をケーブル着脱式に改造。








resizeEvernote 20120430 23:54:37










とりあえずバラします。


イヤーパッドをとるとネジ穴が出てくるのでネジをとると簡単にバラせます。大抵のヘッドホンはこの方法でばらせます。













resizeEvernote 20120501 01:27:12










今回使った材料は ミニミニモノラルジャックとミニミニステレオプラグ 

ミニじゃゴツくなってしまうので、ミニミニを使用。




片出しと違って線が二本なのでモノラルプラグでいいのですが、スリムなモノラルプラグが

なかなか見つからなかったのでたまたまみつけたステレオを使いました。

本当は金メッキを使いたかったけど売ってなかった....orz









resizeEvernote 20120430 23:54:54








そしてもともとついていたケーブルを取り除いてブーツがついていた穴にモノラルジャックを取り付けます。

穴の大きさはリーマーで調整して、ハマる事が確認出来たら配線します。









resizeEvernote 20120430 23:55:15










モノラルジャックは動かないようにホットボンドで固定して組み立て。


プラグの直径が大きかったので、ハウジングを削りました。









resizeEvernote 20120430 23:52:40





くぼんでいる所が削った所









そしてもともとついていたケーブルにステレオプラグを取り付けます。






resizeEvernote 20120430 23:52:06






プラグはもともとの銀のバネのブーツは見た目がよろしくないので、ヘッドホンについていたブーツを
とりつけました。














そして完成!!!









resizeEvernote 20120430 23:54:07





ハウジングの銀とプラグの銀色がいい感じ。


思った以上にゴツくならずに出来ました。ほかのコード両だしのヘッドホンもこの方法で改造して


同じケーブルを使い回せるようにしようかな と考え中。






けれど今回はもともとのケーブルに着脱できるように改造しただけなので 

次は良い素材を使ってリケーブルしようとおもいます。







プロフィール

Ax2

Author:Ax2
大阪の美大生です。
音楽が好きでドラムをやっていたのを
きっかけにこの世界にのめり込みました。

日々物欲と戦ってます。



相互リンク御待ちしております。

基本的にリンクフリーです!
リンクしたよ!って伝えてくれると光栄です。


オーディオ環境

DAP

iPhone 3GS
iPhone 4S
iPod nano 2nd
COWON S9
COWON J3
Walkman NW-S745
iPod 5.5G ROCK BOX
iPod Classic 120GB

ヘッドホン

ULTRA ZONE DJ1
MONSTER BEATS PRO
ATH-ANC7
ATH-ES7
ATH-OR7
BOSE TRIPORT
AKG K414P
AKG K430


イヤホン

IE6
SHE-9850
SE-115
ATH-CKS90NC
ATH-CK10
ATH-CK7
MH-JMZM IE
MH-JMZ IE
UE Super.fi 5 EB
Klipsch Image S4


アンプ
FiiO E5[AD8656ARZ交換]
FiiO E3
FiiO E11[OPA2211交換]
秋月キット AE-HPPML
自作 CMOYアンプ
自作 低電圧 LM4881アンプ
STORM3 CUSTOM
digizoid ZO
OBR JADE to go


nano/S





ケーブル iPod COWON dock 自作 iPhone MONSTER BEATS 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。